日本語でプログラミングが学習できる日本人向けプログラミング学習サイト4選

プログラミングスキルのニーズが大きな高まりを見せ、特に海外では早期からのプログラミング教育が行われるようになっています。
そのため、プログラミング学習用のサービスもたくさん出てきているのですが、海外製のものが多く、英語が苦手な方は少しとっつきにくい部分もあるのではないでしょうか。

今回は、日本語でプログラミングが学習できる、日本製のプログラミング学習サービスをご紹介します。

1. Progate

progate preview

Progateは実際にプログラミングのコードを書いて、書いたコードの実行結果をプレビューできるサービスです。
利用は無料で、HTML、CSS、PHPを学習することができます。
スライドなどで基礎知識を学んだ後に、その知識を使ってコードを書く形式で学習を進めていくので、知識のインプットとアウトプットを効率良く行なうことができます。

2. CodePrep

codeprep preview

CodePrepは穴埋め問題を解くようにして、プログラミングが学習できるサービスです。
JavaScript、Ruby、PHPなど様々な言語を学習できるのが特徴です。
JavaScriptで動くおみくじを作る講座など、実際に動くWebアプリケーションを開発できる講座もあり、様々なレベルの人がプログラミングを学べるサービスになっています。

3. Paiza Learning

paiza learning

paiza learningは上記2つのサービスとは一風変わったプログラミング学習サービスです。
足し算を計算する、単語の数を数える、など様々なお題が提示されており、言語はなんでもいいので、その処理を実行するコードを提出し、採点してもらうといったサービスです。
本体がpaizaという転職サービスのため、転職のためのスキルを測る目的もあるようです。
簡単なお題から、中には結構手強いお題もありますので、プログラミングスキルの腕試しをしたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

4. ドットインストール

dotoinstall

ドットインストールは3分動画でプログラミングを学習できるサービスです。
特筆すべきはなんといっても講座の量の豊富さです。
この記事が投稿された2014年12月現在で、200レッスン、3,000本近い動画が掲載されています。
カバーしているプログラミング言語も豊富で、プログラミング学習で迷ったらまずはドットインストールを訪れてみるのもいいでしょう。

 

いかがでしたか?
様々なプログラミングサービスが日本語でも誕生していて、日本のプログラミング学習環境もどんどん整備されていってます。

下記のオンライン講座では37時間もの動画でプログラミングスキルを基礎から学習することができますので、是非一度見てみてください。

世界で10万人がプログラミング教材の詳細を見る

コメント