初心者プログラマーに送る勉強会参加のススメ

プログラミングの上達は大きく2つのステップに分かれると思います。

  • 1. とりあえず動くコードを書ける
  • 2. 綺麗なコードや動作速度などを意識したコードを書ける

最初は分からない事があればググって使えそうなコードをコピペしながら書くという風になるでしょう。しかし、初心者のうちに書くコードというのは往々にして分かりにくかったり、整理のついていないコード、あるいは動作に無駄があるコードだったりします。

プログラミングでは「三ヶ月後の自分は他人」とよく言われ、3ヶ月後に自分のコードを読むと自分でも意味わからん、という事がザラにあります。

良いコードを知る方法

今回オススメする方法は人に聞く、です。

なんだそんな事か。と思うかもしれませんが、自分に無いスキルを持ったプログラマーから自分のコードについて意見を貰えるというのは大きなスキルアップに繋がります。
しかし独学で勉強している人は身近にプログラマーの知り合いがいる事は稀かもしれません。そこでおすすめしたいのが勉強会への参加です。

meeting

プログラミング分野の勉強会とは

勉強会とは、ある特定のプログラミング言語や技術に興味があったり勉強中だったりする人同士が実際に集まって様々な交流を持とうという場です。
実際に行う内容としては、以下の様なものがあります。

  • 希望者が決められた時間その技術について知っていること、シェアしたいことをプレゼンテーションし合う
  • 何かテーマを決めてそれに沿ったものを各人が作る
  • 本を一冊決めてそれをみんなで一緒に読み、理解を深める
  • 各人がひたすら好きな作業をする

このようにプログラミング分野では様々な種類の勉強会がとても盛んに行われています。大抵の言語やトピックで勉強会が行われていますので、きっとあなたの勉強している分野にも合うものがあるでしょう。

そして、特にオススメしたい勉強会は上記で最後に挙げた「各人がひたすら好きな作業をする」という通称もくもく会と呼ばれる勉強会です。プログラミング初心者のうちは「自分みたいなスキルの低い人がイベントや勉強会に参加してもついていけない」という風に尻込みしてしまうでしょう。しかし、このもくもく会は各参加者がその言語について行いたい作業をひたすら行うというものですので、スキルレベルは全く気にする必要ありません。
そしてお互いに分からない事があれば質問しあったり、何か最近気になる話題があれば雑談的に話し合ったりします。

もくもく会に参加する事で、疑問を解消出来るのはもちろんですが、前回の記事で紹介したように今どんな事が話題なのかという事もキャッチ出来ます。

勉強会の探し方

勉強会やイベントの開催情報はウェブ上の様々なサイトで告知されています。やはり土日祝が多いですが、平日夜もそれなりにやっていたりします。以下に告知サイトを挙げますので、近所でイベントが無いか確認しましょう。peatixはプログラミングに特化したサイトではありませんが比較的IT系のイベントが多く告知されていますので、挙げておきます。

勉強会の参加はスキルアップももちろんですが、プログラマー同士の思わぬ出会いにも繋がります。まずは気軽に参加してみましょう。

世界で10万人がプログラミング教材の詳細を見る

スポンサーリンク