プログラミング初心者が本などの有料教材を使った方がいい理由

様々な情報がWeb上で無料で手に入るこの時代。
プログラミングの学習に関しても、Googleで検索すれば、その多くを無料で手に入れることが可能です。

しかし、プログラミングの学習本や、有料のプログラミング学習サービスのニーズがなくなったわけではありません。
というかむしろ、それらのコンテンツのニーズは今後ますます高まっていく傾向にあります。

特に初めてプログラミングを学習するようなプログラミング初心者ほど、本や有料コンテンツ等の教材が適しています。

なぜ、こういった教材が適しているのかをポイントにまとめてご紹介します。

old_books

 教える目的でカリキュラムが構成されている

プログラミングの学習本や長時間の有料教材は、プログラミングを教えることを目的として構成されています。

一方、ブログ記事など無料で公開されている資料は、備忘録で合ったり、ちょっとした発見の共有を目的としており、必ずしも読者、視聴者の教育を主目的として構成されているわけではありません。
プログラミングの基本を理解している状態であれば、ブログなどのWeb上の情報は学習にもってこいの資料となります。
なぜなら、何が分かっていないのかが分かっている状態で、その穴を埋める情報を検索で見つけ出すことができるからです。

しかし、完全な初学者の状態では、まず何が分かっていないのかが分からない状態ですから、検索で必要な情報を見つけ出すことが困難ですし、見つけたとしても、基本ができていないので、その情報をどのように活用すべきかも適切に判断することができません。

そのため、プログラミングの学習本や有料教材など、しっかりと教育を主目的とした資料が必要になってきます。

章がレベル別に分かれている

プログラミングの学習本などは序章で基本的なことを紹介し、後半に進めば進むほど応用的な内容が増えてくる構成になっています。

そのため、プログラミングを学習する際に、自分がどこまで理解できていて、どこからが分かっていない領域なのかを、ページを眺めることで判断することができます。

ブログ記事などで学習する場合は、いきなり見たページがかなり応用的な内容であっても、章立て等レベル別の構成があるわけではないので、自分のレベルに合っているのかどうかがまず分からない状態です。

本や有料教材などレベル別の構成がしっかりした教材で、段階を追って着実に学習していきましょう。

アウトプットの機会が設けられている

プログラミング学習本などでは、必ずと言っていいほど「これを作ってみよう」ですとか演習問題といった章が用意されています。

プログラミングはスポーツや楽器の練習などと同じで、読んだり見たりして学ぶだけでなく、実際に手を動かすことが、スキルの習得にとても大事です。

知識を入れたら入れっぱなしではなく、しっかりアウトプットすることで、知識の定着、スキルの習得を図りましょう。

下記のACT(アクト)に掲載されているプログラミングの講座はトータル37時間以上の動画で学べる、しっかりした教材です。
プログラミング初学者の方も基礎からしっかり学習できますので、是非一度内容をご覧になってください。

世界で10万人がプログラミング教材の詳細を見る

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク