GTD 仕事を楽々こなす自己管理術とは

Sponsored Links

GTDとは、Getting Things Doneの頭文字の略で、個人のやるべきことを管理する方法です。
知識社会化の進む今日、GTDに注目する人は年々増加しており、ナレッジワーカーの仕事術と呼ばれるなど、知る人ぞ知るセルフマネジメント術として広まっています。
簡単に言うなら、やる気をなくさないようにやるべきことをやり続けるための実践的方法……それがGTDです。
desk

GTD最大の特徴

デビッド・アレンが生み出したこの手法の最大の特徴は、「やるべきことのすべてを頭の外に出してしまう」という点にあるでしょう。
本当にすべて出し切ります。全部です。どんな小さな事でも、片っ端からリスト化します。
そうすることで、ただそのリストを消化するだけで最終的な目標にどんどん近づいてゆく状態が手に入るというわけです。


GTDではこの”やるべき事のリスト化”が一番難しく、導入につまづく人も多いと言います。
以下のコースではGTDの説明だけでなく、やるべきことのリストを作るにあたって講師の先生が発問を交えてサポートを行っています。
GTDに興味のある方や、導入につまづいたことのある方は一度チェックしてみてください!
GTD入門 - ハイパフォーマーになるためのタスク管理術のコース画像

コメント

Copied title and URL