GTDを継続するために必要なこと 〜 誰もが1度はやる失敗を越えて 〜

スポンサーリンク

みなさんはGTDという仕事をうまくまわしていく方法をご存知でしょうか.

ご存知でないという方は, 早速ですが, まずはこちらをご覧下さい.

gtd-img

越えなければいけないハードル

さて, このデビット・アレンが提唱したGetting Things Doneというタスク管理術は, 実は習得するまでにいくつか乗り越えなければいけないハードルがあります.

生みの親であるデビット・アレンですら完全に習慣にできるようになるまで2年かかるというのですから, 挫折するのはいわば当然, 誰もが通る道なのです.

ほんとうにたくさんの人たちが, 抱える悩み……それが「GTDをいかに継続するか?」という問題なのです.

必要なのは自然にタスクに取組めるような工夫

そこで, 挫折したその地点から自分が継続できるような工夫をすることが重要になってくるのですね.

重要なのは, 自然にタスクが管理できるようになる仕組み作りというわけです.

仕事に取り組みやすい環境づくりとしてはいくつか方法を挙げることができます.
先人の失敗者たちによって蓄積された価値ある知見ですね.

以下に, よくある失敗例をいくつか紹介したいと思います.

タスクやプロジェクトが曖昧で何をやればよいのか不明確
プロジェクトの終了条件がはっきりとしていない
ウィークリーレビューを徹底していない
GTD を仕事だけでやり、プライベートを分けてしまう
筆記用具やメモをを常に持ち歩いていない

 

などが具体的に挙げることができます.

実はこういった失敗は未然に防げます. 逆に, どうすればこれらの失敗が起こらなくなるのかを考えてゆけばよいのです.
上記に挙げたものへの対応は, 特に重要です. これさえできればつまづくことはないと言っても過言ではないでしょう.


以下のコースでは, GTDを活用して複数の企業を経営しながら弁護士業をこなしている先生の実践されているタスク管理方法とその継続方法をまるっと1から10まで学ぶことができます.

GTD理論の基本から、よくある挫折ポイントを克服する方法までを丁寧に説明しています.
タスクを細かく洗い出していくサポートも, レビューの重要性も、継続する工夫も, 
必要なすべてを提供・解説しています!

ぜひ内容(目次)を確認してみてください。
GTD【理論編・実践編】

コメント